2018年4月24日
現地調査に東へ(外構編)

とある店舗の改装のお話をいただき、東へ高速で2時間。

まずは、GW中、お休みの間に施工完了の必要のある駐車場です。

最近では稀に見るまとまった雨というベストコンディションの中、工務店さん、職人さんと現地測量です!

カッパを着て図面と照らし合わせながら寸法の調整をしていきます。

もう最近は少々の内容なら、現地、もしくは周辺の車を停めれる場所で作図するようにしています。(測り漏れがあってもすぐ確認できる!)

 

正面には青々とした株立ちの良いアオダモ?の木もあります。
建物に向かう際、一番最初に目に入るのは駐車場のため、既存の植物が映えるすっきりとした外観にしたいなと。

 

現在の駐車場の仕様は砕石の粒子が細かく、とにかく水はけが悪いです。
まずはこれを。

 

水道メーターは完全に水没して当分水が抜けないような状況でした。
ボックスの下も透水しない状況みたいです。。

 

 

駐車場部分を掘ってみると、、、

深くまで砕石で土が見えない箇所があったり。

 

1cm掘っただけで土が出て来たり。

 

これらを整理して水の逃げ道を作ってあげないといけません。

でも、出来上がった当初は同じ厚みだったのでしょうから、これだけ土が動いているというのはお客さんが沢山こられたのだろうなと思ったりもします。

勝負のGWです!

LINEで送る




Copyright © LEO PLANNING OFFICE CO., LTD All Rights Reserved

Copyright © LEO PLANNING OFFICE CO., LTD
All Rights Reserved