2018年6月29日
地中から・・・

地盤改良の工事も無事終了しました。

地盤改良には、支持地盤の状態にもよりますが、砕石パイル杭を使うことが多いです

前回の続きです。

 

※ハイスピードコーポレーション株式会社さんのホームページから引用させてもらいました。

 

・地震に強い

・液状化対策

上記2点はもちろん大事なのですが、、、

個人的には天然砕石を利用するので将来的に撤去する必要がない。
というのが魅力的な工法だと思っています。

何か土に混ぜるのも抵抗あるし、地中に金属パイプ、コンクリートの杭を埋めるのももし何世代か後の方が建替えるとなった際、撤去するのに結構な費用がかかるというのも・・・。

もちろん上記の方法が必要な箇所にはそちらの方を自信を持ってお勧めいたします。

 

その作業風景がこちら

砕石を杭として支持地盤を作っていきます。

 

と順調に進んでいたのですが。。

 

まさかの地中埋設物。

御影石が20から30個くらい出てきました。

撤去するのにお金がかかるので、昔の施工された方が穴を掘って埋めていたんでしょうね。。

ですので地盤の保険会社さんと調整してもらい、掻き出して砕石投入。
転圧。
点圧。

 

その後、周囲に2本追加して無事、施工後の試験もクリアいたしました。

要らないものを土の中に埋めるのはやめましょう!

 

 

 

 

 

 

LINEで送る




Copyright © LEO PLANNING OFFICE CO., LTD All Rights Reserved

Copyright © LEO PLANNING OFFICE CO., LTD
All Rights Reserved