2019年7月3日
木製の外壁(かれこれ20年の経年変化)

2000年に新築させていただいた物件のメンテナンス打ち合わせに行ってまいりました。(そろそろ着工)

施工例はこちら

 

壁は塗装、床はタイル/オークフローリング(床暖房)、壁は塗装、天井にシナ合板を貼っています。

壁は少し経年のヘアークラックも入っていますがクロスにはない自然な経年変化を味わえます。

木部も良い味が出てきています。

 

今回はメインとして外壁のメンテナンス、家具の変更、ベースとなる照明器具のLED化などなどとなります。

 

 

 


こちらの物件は全てレッドシダーのキシラデコール塗装による板張りです!

20年後にどうなっていたでしょうか?

 

こちらの物件は部分的に鎧貼り(横向きに重ねる)、縦張りと切り替えて貼っています。

雨仕舞の良い鎧張りなのですが今回比べてみたところ南面の良く陽の当たる方は板が浮いてきていました。(庇もあります!)

 

 

ただ南面以外の他の場所は全然大丈夫
良い味が出てきています。
むしろ樹脂製の雨樋などの方がダメージを感じます。。

 

(ルイスポールセンのAlberslund Wall、ヤマギワのベガ、経年でとても良い雰囲気になってました!)

外壁は再塗装しても良いと思いますが問題ないです。

今回は浮いている鎧張りの補修(一部張り替え)と長く使うための全面再塗装となります。

 

塗り壁などと比べると耐用年数が短いものと思っていましたが・・・全然板張り大丈夫です。

むしろ経年の変化も楽しめるし良い感じです。

近い将来、板張り外壁の物件をそろそろやりたいなと思っています・・・。

 

LINEで送る




Copyright © LEO PLANNING OFFICE CO., LTD All Rights Reserved

Copyright © LEO PLANNING OFFICE CO., LTD
All Rights Reserved