2020年1月10日
パテ、パテ、パテ、だいだい、ゆず!

隅の浜の家は大工さんの工事も一旦ひと段落し、仕上げ工事に入っています。・

現状は・・・

 

パテ!

 

 

 

パテ!

 

 

 

 

パテ!

 

 

といった感じです。(だいぶ、できてきました・・・)

 

内装の仕上げ材は塗装を採用することが多く、もはや当事務所の標準仕様となっています。

何よりも塗装はクロスのように剥がれてくることがなく、経年変化が楽しめる材料です。

もちろん多少のヒビは入りますし、汚れもつくのですがそれも「味」として楽しめる材料だと思っています。もちろん、メンテナンスも容易です。
養生さえきちんとすれば自分たちでもローラーで塗ることができます。

海外では最もポピュラーな仕上げです。

ただ、塗装で仕上げるには下地がきちんと平滑にできていなければきれいな仕上がりにはできません。(海外ではおそらくここまでしないと思います・・・)

そこで下地のデコボコなどをなくし、ビス穴を塞いだりするのが「パテ」となります。

一回では収縮したりするので2回、補修と何度も時間を開けて処理をしていきます。

 

来週からは仕上げの塗装に入っていけそうです。

 

そして、土地探しの時から仲良くなった近くのおばちゃんに挨拶すると・・・

「だいだい」、「ゆず」などを。

 

 

 

たーくさんもらいました。

この後も喋りながらどんどん収穫してカゴ山盛りいっぱいに。

 

「毎年顔出しんさい。」
「おらんかったら勝手にとってってー」とのこと!

ありがとうございます!おばちゃん!

 

 

 



2020年1月8日
解体開始!

さて、年も明けて新しい物件の施工がスタートしました。

一戸建ての住宅の前面リノベーションとなります。

 

リノベーションする際は、解体してみないと判らない点も多くあるので、毎日のように現場に顔を出します。。

 

立派な木組みの住宅で、解体したところきちんと作られている家だと判ります。

 

ただ・・・早速、雨漏りの跡を見つけてしまいました。

上部はインナーバルコニーになるのですがどうしてもこういった箇所は雨漏りの原因になります。(ほとんどが水抜き孔周りから・・・)

こちらも補修していくようになると思います。

やはりできる限り水の通り道を室内に設けないことが大事なのですが、どうしても必要な際は定期的なメンテナンスが必要です。

ここから柱の移動、補強、耐力壁のチェックなどに入っていきます!

 

 

 

 

 

 



2020年1月6日
あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

2020年の業務を本日より始めております。

今年も一年、よろしくお願いいたします。