2021年9月7日
耐震補強も無事済みました!壁式コンクリートはややこしい。

引き続き、工事が進んでいるクリニック。

 

浄化槽も無事、設置できました。

大雨降らないタイミングで良かったです。

 

そして建物は耐震補強に入りました。

既存の開口部を塞ぐところ、あらたに窓を開ける箇所などは周囲の鉄筋を削り出して、確認し補強します。

開口した先に見える樹形が風になびくのが楽しみです。

 

 

 



2021年8月12日
着工しました!

今日は朝から大雨です。
この後まだ雨の勢いが強くなるそうで・・・皆様お気をつけください。

そんなこんなで、浜田で進行中の小児科/内科さんが着工しております。

2週間前からですが・・・。

 

この建物は昭和33年新築の壁式コンクリート造。1958年・・63年前です。

ただ、こまめにメンテナンスしてあったため躯体はしっかりしています。

 

この建物の1階を全面的にリノベーションします。

利用しておられたボイラーを撤去し、外壁に巡っている配管を退けます。

要らない配管はできる限り退けておいた方がトラブルになりにくいです。
埃等で建物も汚しますし。

 

塀も解体してスッキリ。

 

 

だいぶすっきりしましたが、まだまだ外観も変わります。

それが見れるのは最後の方でしょうか。

 

今回は壁式のコンクリート壁なので既存の壁をできる限り壊さずに計画をしないといけませんでした。

・・・正直プランがよくこんなに良い感じにまとめれたなと思っております。

 

 

本格的に中の解体も始まります。

玄関の位置も変更になります。

既存の玄関は裏庭を作り、ガラス越しに楽しめるように。

構造屋さんにもきてもらい、補強も施していきます。

 

 

どんどん進んでいきます。

 

既存資料が不正確だったこともあり、現地を測量しながら設計図書を作成させて戴きました。

・・・やはり、予想外の出来事もでてきます。

 

こんな時代ですが「密」に施工者さんとは連絡をとり進めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



2021年6月30日
合祀と東屋と

広島は梅雨だというのに雨があまり降りません。

ただ、天気予報はいつも70%くらい。

予定が立ちません・・・。

進めているプランもいくつか順調なのです。
が、現場始まらないと記事にする気がなかなか起きません。
経過段階も記していく方法を考えないと。

ただ、現場の方は合間を縫って着々と進んでおります。
(だいぶサボってしまいました。)


まずは合祀

工場で加工してもらった石材を搬入して組み上げていきます。

4種類くらいの石材を使い分けています。
家具なんかと同じ様に「ほぞ」があります。

 

これを「カニクレーン」で吊って組み上げます。
※カニクレーンの形状と名前がたまりません。

 

 

これらを設置し、2液性の接着剤も使用します。
溶接の様にしっかりと固着します。

これが混ぜる前。パステルカラーで綺麗な色です。
混ぜて硬化すると石材に近いグレーになります。

 

だいぶできました。

 

大外枠ができてきた感じです。

詳しくはまた、後日。

 

続いて東屋

現場の石材がだいぶはけてきたので、東屋の上棟となりました。

前回木材選定したヒノキを使います。

朝、一番に伺ったのですが柱が建っていました。。

 

今回、少しおもしろい形状で提案させて戴きました。

大きな木の下でお参りにこられた方が腰を休めることができる様なイメージです。

それを構造家の方と、職人さんが形にしてくれました。

部材は大工さんに手刻みで加工してもらい、足元は現代の技術でしっかりと固定されます。

 

そして、遠景より。建ちました!

 

 

屋根もできました!

 

東屋完成!なかなかの迫力。いい感じです。

 

ここに足元にベンチが入ってきます。

 

東家は一旦ここで休憩。

 

 

床の仕上げに入っていきます。