2020年7月31日
さて、図面を解読

新しく、山陰で計画が始まりました。

昭和33年竣工の建物です。

当時その辺りでは珍しかったコンクリート造の建物。

定期的なメンテナンスが施されており、状態としてはとても良さそう。

まずはリノベーションに向けて図面の解読。まさに古文書。

ただ、この図面が残っているかいないかで大違いです。

資料が残っているようで良かった・・・

まだ、図面を確認している段階ですが、良い提案ができればなと思います。