2020年12月2日
大きな木を生やす・・かのように。

今は丁度、工事中の物件がぱたっと終わり、来年に向けてのプラン作りをしています。

個人的には図面をひたすら描くよりは現場に居る方が好きなので、なかなか辛いです。。

ただ、新しいプランがぱちっとイメージできたときは、なんとも言えないくらい気持ち良いです。

 

さて今回は予ねてより計画中であったお寺のプランが見えてきました。

当初からの目的となるものとは別に、「大きな木」を境内に建ててみようと思います。

「木の下に人が集まる」

そんな事が人の手によって木造で造ることができればなと。

 

住職さんも既存の概念にとらわれず、新しいものにも理解がいただける方なので、プランも楽しいです。

 

当初は建物を建てる予定でしたが、大きく舵をきり外構メインのプランとなりそうです。法的にややこしくて色々問題がある提案となってしまいましたので

伝統的な寺社仏閣など永く存在しているものには何かしらの特例があっても良いと思います。。。