2018年3月22日
床下エアコン (施工編)

ここら辺で、備忘録がわりに「三次の家」の床下エアコンの状況をまとめておこうかなと思います。

事の発端は、北部の寒冷地ということもあり床暖房検討しようか?
というとっかかりだったのですが、他にもデンソーの全館空調が入るということもあり、勿体無いなという経緯です。

「皆賀の家」の事例もあり、床下エアコン設置という選択となりました。

 

まず床下エアコンを設置するにあたって基礎の形状から検討が入ります。

 

まずは、基礎。

蟻に食べられにくいボード状の断熱材を基礎の底面、外周部、内周部に敷き詰めます。

これはそのまま基礎を構成する型枠になります。(無駄がない!)

敷き詰めるとこんな感じです。(現場監理が夜でした・・)

 

後の写真でわかるのですが通常の基礎と違い、内部の立ち上がりを少なくするため、建物の荷重がかかる箇所は地中に梁を設けます。

先ほどの断熱材の上にこのように配筋をしてコンクリートの基礎を作ります。

 

その上には力を受ける箇所にコラムベース(丸い基礎)を設置。

打ち終わるとこんな感じです。

 

ここから工事が進んで・・・。

建物が完成すると床下は下の写真のようになります。

(床下の緑の材は防蟻注入材ではなく、ホウ酸処理のし忘れがチェックできるよう色粉を混ぜてもらっています!)

とっても綺麗にできました。

 

温度の測定結果なども出ているのですが長くなったので結果は次に!

メリット、デメリットもまとめてみます。

続きの床下エアコン(測定結果編+まとめ編)はこちらから