2020年4月13日
銘木屋さん

先日、現在着工した物件の銘木選びに防府の清水銘木店さんへ伺わせていただきました。

今回一緒に作っていただける大工さんにご紹介いただき、同行。

たくさんの倉庫を見て回らさせていただきました。

 

 

アカマツの産地でもある山口県、なかでも・・・

[滑松]樹齢200年以上の良質なもので錦帯橋の修繕、昭和40年代には皇居新宮殿「石橋の間」「松風の間」などにも利用された地域を代表する材料。

現在はマツ枯れの影響もあり「滑松」と呼ばれる松は20本程度しか現存しないのだとか・・

 

それでお目当ては、和室に使う250角程度のヒノキ材。ありました。

 

 

それとあとは土間に使う面白い化粧柱を探しに。

クリ(出節で根元が曲がっていて雰囲気があります。。)

 

 

ケヤキ(やはりケヤキは圧倒的な存在感)

 

カイヅカイブキ(ワイルド)

 

他にも、たくさんの天然乾燥の銘木がたーーっくさんあり、正直見れば見るほど頭の中がパニックになります。

また、代表にお聞きしたお話がとても面白く、本来の目的を見失いそうになりました。

なんとか樹種も決定、洗いにかけて土間に鎮座する予定です。

 

 

 

 



2020年4月3日
お引き渡し

先日、井口の家のお引き渡しでした。

家の95%くらい?をリノベーションした計画でした。

耐震補強、断熱補強を施し、新しい住まいの形へと変化しました。

施主さんの要望でもあった「白」をベースとしての計画です。

 

 

既存のリビングはこのような感じで2階にあったものを・・・

 

 

 

1階に移設。シャンデリアなど既存にあったものを使う計画としています。

 

 

玄関周りは純和風だったものを変更。

 

 

広すぎた玄関の間に独立した「コの字型」の箱を作り、シューズインクロークに。

 

 

各、居室などもすべてしつらえを変更しております。

 

色数を制限することにより質感のある住まいになったのではないかと思います。

 

また、施工事例に他の写真と合わせて掲載させていただきます。



2020年3月19日
井口の家もあと2週間くらいでしょうか?


いよいよ大詰め、投稿が滞っていた理由は、現場に行き過ぎです。

大規模改装ということもあり、付きっきりでした。

事務所に居るより、外に出たいタイプというのもありますが・・・

既存の壁下地を使う箇所もあるため、下地を平滑にするのが大変。。

 

 

 

なかなか痺れる現場ですが、良い感じになりそうです。