2018年6月28日
地盤調査から地縄張りから地盤改良

なぜかバタバタとして更新がだんだん少なくなっていました。。

その間も掲題のように現場は動いております。

まずは地盤調査。

建物の4角と真ん中など必要な場所を確認し、土中からの反発力を計測して地盤の耐力を確認します。

 

 

2〜3日で検査結果が手元に届きます。

検査結果は・・・

残念?ながら地盤改良の必要性ありという結果となりました。

全てのポイントの数値を見て総合的に判断し、地盤改良という選択肢となりました。

バランスが良ければ基礎を構造計算して、鉄筋の量、厚みなどを調整して対応することもできるのですが、川のそば、昔の記録(先人のお話)を考慮しました。

家を建てるときは、その地域に昔から住んでおられる人のお話を聞くというのがとても大事だと思います。

ものすごく役に立ちます。

何年前の台風の日に浸水した・・・こっち向きは風の被害が強い・・・・などなど。

 

 

それで次に地縄張り。

建物の図面を実際の敷地にロープを使って書いていきます。

これで建物の配置をみて問題がないかをチェックします。

工事の目印にもなるので大事な作業です。

こちらはプランの候補ができていれば実際に現地で確認ができるので、随時張って検討することが望ましいです。

 

そして現場では数日前から地盤改良の工事が始まっています。

そこで問題が・・・続く

 

 



2018年6月4日
着工の準備がそろってきました。

そろそろ次の物件の準備も整って来ました。

解体も無事終わり、整地完了です。

木造新築2階建(2世帯)です。

あとは見積もり調整と、確認申請の修正かな。

 

解体終了時に諸事項を確認します。

お隣さんの引き込みが入ってたみたいなのでこれの移動も。
古くからある建物だとこれも良くありますね。

 

土もだいぶ解体時に持って帰ってもらったのですがもう少し捨てたほうがよさそうです。

 

という感じで11月末の完成まで進んでいきます!



2018年5月25日
イワダレソウ

先日、市場の方から入荷の連絡があり、受け取りに行ってまいりました。(植物の仕入れもしています!)

駐車場のグランドカバーとなる植物の仕入れです。

夕方の入荷でしたので伺うとガランとしていました。

ツカツカと中に入っていくと、お目当の植物が760鉢。
この時点で車に積むことができるのかは少し不安でした。

これを工務店さんの軽トラに、脚をつけてコンパネを敷いて・・などで2段にしてギリギリ積み込み完了。

これを先日施工してもらった植栽ブロックの間に植えてもらいます。

2日間での植栽だったのですが、1日目は手伝わせてもらいました。

 

穴を掘って。

肥料を入れて。

植え付け。

 

見るぶんには簡単そうに見えるのですが、なかなかの作業量でした。

今回、植栽に選んだのは「イワダレソウ」
施主さんでもある動物病院の先生がチラッとドッグランなどに植えている植物があるということで調べさせてもらったところ、動物のおしっこなどにも強く「芝」に比べて20倍も繁殖力が強いようです。

そして踏めば踏むほど葉っぱが小さくなり広がりやすくなるそうです。

植物の特性を調べる際に花言葉もあったのですが

「忍ぶ恋」

 

 

こんな感じで仕上がりです。
あとは少し落ち着いてきたら隙間に増殖して行って、ちらっとコンクリートの模様が出てくる予定です。

 

 

夏などでワンちゃんたちの足の裏が熱くなるのはだいぶストレスだと思います。
真夏などはアスファルトでの散歩も大変だとか。

少しでも路面温度の減少ができればなと思います。

ただ、ヒールで来られる飼い主さんも多いので、土の無い仕上がりの通路も各駐車スペースから作っています。

少し馴染んでくる頃が楽しみです!