homeaboutworkscontactlink

峠の家

用途:戸建住宅

構造:木造
工種:新築

新築部分の屋根は石州瓦のフラット瓦を採用し、この地域の色合いに合わせ統一感を持たせた。道路から敷地に1.6mの段差がありこの段差をプランへ用いた。道路から2台の駐車場を配置し、収納を含めた玄関ホールから8段下り一階のリビングダイニング、洗面脱衣、浴室、トイレと、隣設するおじいちゃん、おばあちゃん宅への通路へとつながる。家族の集まる一階のリビングの床はもみ材の無垢材のオイルフィニシュしたものを使用し、キッチン部分はやさしい風合いのイタリアンタイルを樅のフローリングと同面で納めている。その他の諸室は柔らかな感触のパイン材無垢のオイルフィニシュしたものを使用した。洗面脱衣、トイレ等は自然素材のリノリュームを使用した。キッチンは全て家具として制作しクライアントの動きやすい様にアイランドタイプとした。リビングから外部のウッドデッキ(6000×2000)は段差なく続き、間口約3400の4枚引き分け戸(全てのサッシが外側へ引き分け)でリビングからのデッキを望む。

 






 
 Copyright(c)LEO. All rights reserved.