homeaboutworkscontactlink

吉見園の家

用途:戸建住宅

構造:木造
工種:新築

間口8.5m奥行き25mの敷地である。
道路より約1m上がった敷地を利用し、駐車上の上を天井高1350の納戸とし、両隣、南側の家に建物の形状を合わせ、そして南東側の一番日当たりの良い部分にウッドデッキを配し、リビングにつながっている。
ダイニング.キッチンも外部につながり、日当たりの良いLDKとなり、また和室.リビング等は、大きな引き込み戸で仕切る事が出来る。

廊下幅は1250あり、部分的に本の収納の出来る棚が設けてある。
建物の両サイドが塞がっているため、各室とも天窓による採光を採り、特に吹き抜けのあるリビングは、天窓、東側、南側にも電動開閉の窓を配している。内部は壁.天井が白い塗り壁で床はパイン無垢材に自然塗料を染色している。
照明はペンダント、ブラケットのポイントのある空間を構成し、ダウンライトによる補助照明で全体の照度バランスをとっている。夕闇時は特に美しい時間帯である。
両サイドの隣地に面する所は、コンクリートの打ち放しに表情を和らげる為に、部分的にシダー材を張った壁にしている。

 






 
 Copyright(c)LEO. All rights reserved.